フォト

金魚

気温

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブタ

リス

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« “日記ーその18” 地獄の学び | トップページ | 【日記ーその21】 あきてきている »

2014年8月27日 (水)

ムリラスー8・27

08/27 | 牌譜 | 特東喰赤速 | http://tenhou.net/0/?log=2014082710gm-0061-0000-02718ebc&tw=0
4位 A:‐赤犬‐(-32.0) B:ささみみ(-20.0) C:よーぐると(+42.0) D:riouchan(+10.0)




完全ムリラスー完全コクウー完全自動ー自動ゾンビ



分岐らしい分岐は、東1くらいだろう



序盤で、135577mをどうさばくか?くらいしかない



フツウに、
赤ドラが狙える5-7mシャボでおkだし、
こっちがよい、と言える根拠らしい根拠もない



結果が悪かったので、
「135mのリャンカンにすべきでした」は、ただのオカルト発想、無意義



東2終了の時点で、
もうこの点差=自動大断層では、
親番なしで踏まえると、ほぼ50~60%は4位になってしまうし、どうしようもない


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

東2-1、めちゃくちゃ結果論だと、
メンピン3色のテンパイで、おっかけ可能ではあるが、



手順的に無理であろう



仮に、理想的に追いかけ出来たとして、

ツモが変わらない前提で、8pツモアガリ:安目2700だが、


しょうじき、
それでラス回避できてるかどうか、は相当に不明である


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^



東3で、上家に12000の鬼手自動ゾンビが入っている時点で、


あたしの4位率は、ものすごく高くなってしまっている



オーラスで下家と僅差なのは、
下家が馬鹿な6pで、12000に放銃したことが原因、ってただそれだけである



席の悪運だけで、97%ほど、自動4位ってかんじの席であろう




単純な話、一番ミスってないの、4位のあたしである




上家も、東2-1で、ミスを乱発している



まあ、かなりのカス席の場合、
他人のミスが100回あっても、フツウに4位になってしまうので、麻雀というゲーム、ムリラス席については、ほぼ運だけの4位である


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


あ08/26 | 牌譜 | 特東喰赤速 | http://tenhou.net/0/?log=2014082608gm-0061-0000-e13c7600&tw=3

4位 D:‐赤犬‐(-40.0) A:MANKAZU(-29.0) B:mukeming(+11.0) C:安定ラス(+58.0)



完全ムリラスー自動事故ー多発


敵のロンパイ、掴みすぎである


かなり善戦できていて、あたしが強いことが分かるが、それにしても、掴みすぎ


過失がない、100%防げない、と思える放銃だけで、4回ある


というより、リーチからの放銃で、3回もある


東風で、放銃4回って、ぶっちゃけ、
一人が全部放銃してるくらい、室内を100%充満しているレベルの毒ガスである

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

個人的に、失敗か?と思えるのは、東2-1だけ

それ以外は、これでおkである デジタル麻雀では、たとえ4位であっても、カテイが良いのであれば、それを理想として肯定する




東2-1、ダンラスの4位、
手牌にドラ3とあって、クイタン方向にして9s切っているが、



これ、4sで流石に良いだろう



467889s、たしかに、クイタンとの天秤で難しいが、
事前4sを切っていれば、ソクリーにしたとき、7sで狩り取れる




無論、赤5mを切り飛ばせば、完全シャンテンにはなるが、

打点が必要なこと、赤5mにくっついた場合、文句なく89sを払うことを踏まえると、赤5m切りは論外であろう



結果論では、もし、4s切りに受けていた場合、
赤5m切りで、即おっかけ、7pで1発ロンの可能性がある



^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


とはいえ、9s切りも多いにアリ



愚形ー愚形のイーシャンテンは、
クイタン変化の2シャンテンに、速度で劣る場合がおおく、


ぐうぜん、愚形ー愚形で、
最速のアガリでした、は、ややレアケースの結果論でしかない




とくに、ドラ3内蔵なので、柔軟性も重要であろう




それに、ツモが変わっている可能性も高い



下家が相当馬鹿な4段なので、かなりメチャクチャだが、
下家は本来、本来というか、当然677mになっているであろう



となれば、対面の6m鳴きがなくなり、全員の急所のツモが相当ズレている




こういう、4段みたいなドヘタクソが銅鐸しているときって、
こっちの少しの打牌変化で、ドヘタクソ側は、打牌を変えやすいのだ




4s切ってれば、何とかなってました、
という分析は、安易すぎる、というか、半オカルトであろう



ハイフ検討とは、強引に道筋を探す定義ではない、
普遍的で意味があるルートを探す定義なのだ オカルト分析は、まったくの無意味



しょうじき、
掴み事故がありすぎなので、フツウに完全ムリラスである

« “日記ーその18” 地獄の学び | トップページ | 【日記ーその21】 あきてきている »

【ムリラス席】 赤犬さんによる神検討」カテゴリの記事

コメント

間四軒の読み方分かったの?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ムリラスー8・27:

« “日記ーその18” 地獄の学び | トップページ | 【日記ーその21】 あきてきている »