フォト

金魚

気温

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブタ

リス

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 【ムリラス】 5段はじまりから | トップページ | 8がつ15 »

2014年8月15日 (金)

【提言】 負けの疲労

天鳳やっていて、よく思うのが、

負け席のほうが、10000倍疲れる、ということである


勝ち席は、ぎゃくに、ほとんど疲れない

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

成果主義で見れば、
1位席とは、リターンがあるのだから、
リターン分で疲れるように思えるが、じっさいにはほぼ疲れない


勝ち席とは、じっさいには、
ハイリターン、ノーリスク、なおかつ疲労ゼロ、これがフツウだったりする



ピクニック気分と言ってよい


1位のアガリの大半は自動手、
いちばん多いのが、誰でも出来る早リーチツモの大物手のパターン


麻雀漫画みたいな、
すごい複雑な戦いのなかで1位です、みたいな対戦は、
現実では20戦に1つくらいしかない


1位は、たいてい、自動の1位なのだ


1位席は、たいてい、
10~20か所くらいミスしようが、どうせ1位、このパターンが非常に多い

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



負け席とは、ぶっちゃけ、めちゃくちゃ疲れる




最善を尽くし、めちゃくちゃピリピリして戦っていても、
4位になる戦いは、4位が変えられない、このパターンのほうが、はるかに多い


簡単に言えば、たいてい、ミス0でも4位


けっか、メチャクチャ疲れる


理不尽のカタマリと言ってもいい

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

疲れるうえ、
pも減るので、まさに踏んだり蹴ったりなのだ


しかし、実際の世の中でも、これ、けっこう当てはまると思う



ことさら、資本主義の場合、
勝ってる人間に、さらなる勝ちやすさが生じやすくなり、有利が再び有利をうむ




負けている人間は、さらに不利となり、不利が不利を産むようになっている



まあ、いまの日本みたいに、ズタボロの経済では、
不利が不利を産む、っていっても、全員が全体的に不利だから、あんま変わんないのだけど


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


勝ち席で、100戦するよりも、
負け席で、5戦するほうが、たぶん疲れる


メンタル的な疲労、と言ってもいいし、
「どうせダメなら、接続切ってればよかった」、これが多い


あれやこれや、と策をこうじて、ぜんぶ試し、けっきょく4位、
これなら、何もせず、プチンとするほうが、1000倍は効率が良くなる




簡単に言えば、
勝つつもりの勝負で、意味不明レベルの負け席に座らされ、

なおかつ、接続切りのタイミングもミスった、こんな気分である


まあ、「未来が分からない」ので、
事前に接続切る、なんてのは、現実的には無理なのだが

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

« 【ムリラス】 5段はじまりから | トップページ | 8がつ15 »

【ぐだぐだ】 赤犬さん日記」カテゴリの記事

コメント

間四軒の読み方分かったの?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【提言】 負けの疲労:

« 【ムリラス】 5段はじまりから | トップページ | 8がつ15 »