フォト

金魚

気温

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブタ

リス

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 8がつ15 | トップページ | 【登場人物】 (* ̄∇ ̄)ワハハ »

2014年8月16日 (土)

【論争】 有能なプロと、無能なプロ

(* ̄∇ ̄)ワハハ



Photo_2

今週の近代麻雀ー2014-8-16で、

「オカルトかデジタルかは、時代背景がおおきい」とか、論評として書いてあった


それ、違うだろうと思う




なんで「個人の知能」が、不問になっているのだ?



その原理で行くと、
人間は、だれでも、時代背景に従って生きていく、みたいな「アホな社畜」のノリになってしまう





究極、デジタルの普及が、
オカルト側を馬鹿にする、そういう結論になることを恐れて、知能を不問にしているのか



雀鬼流の開祖やらは、ただの馬鹿、
連盟のコジマやらモリヤマやらも、ただの馬鹿、これで何が間違っているのだ



事実がそうであれば、そう脚色するのが正しい

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

赤犬さんとしては、なんというか、オカルト側には、あきれている



雑誌などの誌面で、
オカルト側が、アホのようにデジタル麻雀を叩いていたのは、れっきとした事実なのだ



ここ数年にきて、
デジタル側があきらかに優勢、オカルト麻雀が滅びそう、となり、


急に態度をひるがえし、
こんどは「自分たちが悪かったんじゃない、時代背景が悪かったんだ」と主張しているようにみえる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

つくづく、オカルト麻雀の支持者というのは、テキトウだなと思う




じぶんたちが、優勢ならば、とことん外部を批判し、
劣勢になったら、こんどは責任回避のような戦法か



ヘタな社畜を見ているようだ


東電などの5流会社の社畜をみているかのような、恥ずかしいプレイ



デジタル側は、そんなことはしない


批判は批判として受け止め、
しっかりと分析する、適当な態度では、仕事に望まないのがデジタル



麻雀プロとは、デジタルプロであるべきなのだ





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ぶっちゃけ、一番に重要なのは、「知能」だろう


コバゴウや福地本の作者のように、早期から、
オカルトを完全否定、デジタル麻雀を構成し、いまでは業界の上位となっている人間も多くいる



つーか、もともと、
麻雀プロって、独立型の商業だろう


何が正しいのか、なにが売れるのか、
こんなもん、常に考えなければならない命題である



上司の命令に従うだけ、社会の通念に従うだけの存在なら、
独立型の人間になるレベルに達してない:社畜にでもなれよ、と赤犬さんは思う



無能なプロ、無能な人間


社会に合わせるのが限界、というなら、
それは能力が低いだけ、それ以上でもそれ以下でもないのだ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

時代背景がオカルトだった、
だからオカルトでフツウでした、とか言いだす奴、言いだすプロって、そうとう知能がひくい、そういうふうに思える


むかし、連盟やら雀鬼流やらが流行したらしいが、
赤犬さんから言わせれば、

そういうのの支持者は、
麻雀に関する関心が極めてひくい連中だった、真剣じゃない連中だった、と言い切れると思う

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

真剣じゃないから、
流れが~~~、ツキが~~~、とか、ボケた老人のような概念を重視してしまうのだ



雀鬼流では、なんか知らないが、
ほとんど不眠不休で打ち続け、打った回数を競う、とかいう馬鹿なイベントが日常化していたらしい


これこそ、真剣じゃないことの表れである


たとえば、
「天鳳10段が、不眠不休で打ちまくりますか?」と問えば、だれもイエスと答えない




彼らは、真剣だから、である


脳の思考状態が落ちた状態で、なんで真剣なプレイができるのか、できない



ようするに、真剣じゃないから、
宗教チックなノリになっていくのである、
不眠不休の麻雀も可能だし、上司の言うことをアホのように信じてしまう、そういうノリが生まれていく



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

麻雀に対する真摯な姿勢とは、
流れが~~~、ツキが~~~、みたいな、馬鹿でアホで幼稚な姿勢ではない




徹底された科学と、科学の追求、
これが麻雀に対する真摯な姿勢なのだ





人間のIQから言って、卓で起きる全ての情報を、
デジタル処理して、なおかつ敵の手牌の予測、
ブラフ可能性まで視野に入れて判断する、というのは、不可能に近いのだ




オカルト麻雀派のアホプロなどは、
なぜか、デジタル麻雀=比較的カンタン、と思っているようだが、それは大きな間違い




多大な集中力を必要とし、冷静な精神状態の維持、

高度な知能、期待値の計算などなど、
なおかつ、徹底された数千戦~数万戦の修行が不可欠となる、これがデジタル麻雀




ぶっちゃけ、オカルト麻雀は、
小学生でも打てるし、幼稚園児でも打てる、レベルが低いからである



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

« 8がつ15 | トップページ | 【登場人物】 (* ̄∇ ̄)ワハハ »

デジタルvsオカルト」カテゴリの記事

コメント

四特東 8月 試合数79 安定段位3.38

カンヨンケン赤犬は鳳凰のみならず、特上の養分になってしまった(  ̄∇ ̄)σ=σ[]ピンポン!!ピンポン!!ピンポン!!ピンポン!!

コバゴーはデジタルという言葉を使った事ないってよ。
ブログ読めカンヨンケン。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【論争】 有能なプロと、無能なプロ:

« 8がつ15 | トップページ | 【登場人物】 (* ̄∇ ̄)ワハハ »