フォト

金魚

気温

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブタ

リス

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

デジタルvsオカルト

2017年1月 5日 (木)

【デジタルvsオカルト】 カニマジン本と、進化していく業界

(* ̄∇ ̄)ワハハ





(* ̄∇ ̄)ワハハ






(* ̄∇ ̄)ワハハ





('ー'*)フフ・・





99851358_624





みーにん、という学者が、


こんなツイートをしていたーーーーーーーーーー('ー'*)フフ・・





('ー'*)フフ・・




  1. 【アンケート】  近いうちに私の作った山読みプログラムの性能チェックをしたいのですが、その前に山読みの重要性についてアンケートを取りたいと思います。  山読みの重要性について、下の4つのどれに近いか、ご意見をおきかせ下さい。  よろしくお願いします。








どうも、新しい、プロジェクトを進めているようだーーーーーー(* ̄∇ ̄)ワハハ





みーにんとは、数学者であり、


麻雀において、

統計的に、ネット麻雀の試合:数千万局をデータ処理して、




数学的に、何が正着であるかーーーーー、という具体的データを出す、





っていうかんじのことを、しているひとであるーーーーーーーー(* ̄∇ ̄)ワハハ





Hhhhhhhhhhhhhhhhhh


いわゆる、オカルト麻雀の滅亡ーーーーーーーーーー、




および、デジタル麻雀の台頭ーーーーーーーーとは、





背景に、科学者たちの努力があるーーーーーーーー('ー'*)フフ・・





アホで馬鹿でズサンすぎる、オカルト麻雀など、



いまでは、大衆は、見向きもしないーーーーーーーーーー






それが今の麻雀業界である(* ̄∇ ̄)ワハハ






1390


デジタル麻雀に、終わりは無いーーーーーーーーーーーー(  ̄∇ ̄)σ=σ[]ピンポン!!ピンポン!!ピンポン!!ピンポン!!








科学に、終わりが無いようにーーーーーーーーー、




あるいは、ひとの欲望に、終わりがないようにーーーーーーーー、






無限に進化を続けていくーーーーーーーーー('ー'*)フフ・・


   





Images_7
あたかもーーーーーーーー人類の進化に、終わりが無いかのように、






天井という、概念すらなく、



科学ーーーーーーーーーーデジタル麻雀とは、無限に進化を起こす






オカルトマージャンの廃絶とは、



いわば、必然であるーーーーーーーーーー(* ̄∇ ̄)ワハハ


(* ̄∇ ̄)ワハハ






1366284i



ひとの体感・主観・感覚ーーーーーー:オカルトやアナログ、というのは、



もともと絶対ではなくーーーーー、






最大まで強めたとしても、

人間という、限界を超えることは出来ないがーーーーーーーーーー、






科学は、人間という限界すらも、超えてしまうーーーーーーーー('ー'*)フフ・・




どちらが強いか?、

は、言うまでも無いのだーーーーーーーー








画像はバイオハザードーーーーーーー





科学の持つパワーとは、底知れず、

人間の限界を、容易に超えてしまうのだーーーーーーーー(  ̄∇ ̄)σ=σ[]ピンポン!!ピンポン!!ピンポン!!ピンポン!!




「かにまじんほん」の画像検索結果

さいきんーーーーーーーーーーー、


カニマジン本、というのを、読んだーーーーーーーーー(* ̄∇ ̄)ワハハ






天鳳位:カニマジンが、描いた、麻雀本ーーーーーーーーーー






いたるところに、

麒麟児の漫画の挿絵が使われていて、


文章を、
読者側がイメージしやすいように、心がけているーーーーーーー、というのを感じた(* ̄∇ ̄)ワハハ



Jpgttttjpgtttjpgojpojpoj


カニマジン本において、一番に特筆すべきはーーーーーーーー、



カニマジンの、
麻雀遍歴が、くわしく描いてあるところーーーーーーーーー(* ̄∇ ̄)ワハハ




具体的に言えば、


まずは、昭和の時代、オカルトに染まりーーーーーーーー、



その後、デジタル麻雀へと、鞍替えしている、変化のようすーーーーーーーーー



Thrthrthrthrthr



昭和の時代ではーーーーーーー、

当時、ネットがまったく発達していない、という情報インフラの低さもあり、




また、統計や確率も、ほとんどまったく発達していない状況なので、





オカルトが、
ひとびとに、正しい、と誤解されている時代だったーーーーーーーー(U`皿´U)おんどれェ




また、麻雀業界は、
ひじょうに腐敗している状態であり、


詐欺商法や、パワハラ、なんでもアリで、


もはや、ズサンすぎてメチャクチャーーーーーーーーという惨状だった(U`皿´U)おんどれェ

Photo


カニマジン本人も、

ズサンすぎる、業界の惨状に、飲まれておりーーーーーーーーー、




まともに、教材を選択することも出来ないなか、
オカルト麻雀本にすがるしか、なかったようだーーーーーーーーーー(U`皿´U)おんどれェ







いまでこそ、
「データで論じろ」、「統計データを出せ」、「論理的に説明しろ」と、


大衆が、麻雀プロにツッコミする、
クレームできるのは、当たり前のことなのだがーーーーーーーーー、






当時、昭和の時代の麻雀業界では、
プロの言うオカルト=絶対的に正しい、みたいな、カルト宗教のような状態で、
当たり前のツッコミすら、封じられている環境だったようだーーーーーーー(* ̄∇ ̄)ワハハ




Aaaaa111


赤犬さんは、
昭和の時代の麻雀業界を、体験したわけではないのでーーーーーーーー、


ぶっちゃけ、世代として、よく知らない(* ̄∇ ̄)ワハハ 






当時のオカルトなど、土台として知らない世代ーーーーーーーー





だから、オカルトマージャンに対するイメージとは、




馬鹿、ズサン、危険、パワハラ、
アホ、有害、違法、老人、キモイ、




だいたい、こんなかんじであるーーーーーーーー(* ̄∇ ̄)ワハハ


9f3ffd351ac8aed2d46d60fe1ec07ad1



まあ、おおむね、正しい印象に思うーーーーーーーー(* ̄∇ ̄)ワハハ




オカルトが、
昭和の時代では、信じられていたーーーーーーーとか、





連盟の小島とか、

雀鬼流の開祖のオカルトが、大人気だったーーーーーーーーとか、






言われても、


「はあ??、あり得ないでしょ、
それが事実だとしたら、
昭和の人間たちは、
思考力がゼロ以下というか、

ゴミにカネを出して買うかのような、相当な馬鹿の集まりなんじゃないの?(* ̄∇ ̄)ワハハ」と、




容易には信じられないーーーーーーーー





信じられない、というより、
オカルトを信じていた連中を、相当な馬鹿だと叩くのが、むしろ当たり前ーーーーーーー(* ̄∇ ̄)ワハハ


Cpazyausaaajnp



しかしーーーーーーーーーーーーカニマジン本では、



自虐の歴史というかんじで説明し、



オカルトを馬鹿にしながらも、そこまで馬鹿にしないーーーーーーというか、




やんわりと、デジタルへの切り替えに繋げる、


みたいな部分がしっかりしていたように思うーーーーーーー('ー'*)フフ・・


691eae1f





若い世代だと、
ああいう内容の麻雀本は、おそらく、描けないーーーーーーーー





オカルト麻雀は、馬鹿だと思ってしまうので、

わりと、叩くかんじになってしまうーーーーーーーーー




いいかんじに、クッションするというか、

自然に、やんわりと繋げる、という行為じたいが、
たぶん、いまの中年世代にしか、できないーーーーーーーー





連盟上層部のアホ老人共や、
雀鬼流の開祖を見れば、分かるとおり、





老人世代になると、
もう、死ぬ気で、暴走するだけーーーーーーーオカルトと心中するだけで、間違いを認めよう、とは、しないのだーーーーーーーーーー(U`皿´U)おんどれェ





いわゆる、凶悪なロウガイと化すーーーーーーーーホリウチ失格事件が、それを物語る


Aaaaaaaaaaaaa


まあ、オカルトは、ただの間違いだし、

完全否定というかーーーーーーーーーそのまま、断絶、




根絶して、消滅させるーーーーーーーーーみたいな流れでも、良いのだが






 
カニマジン本は、

あるていど、文化として汲み取る、というか、




あんまり、完全な破壊とか、野蛮なかんじでまとめるのではなく、




存在価値の無いものでも、
片隅において置くのは許可するーーーーーみたいな、





良い意味で、争いごとを避けるような、

サラリーマンっぽいスタイルが感じ取れた('ー'*)フフ・・



34180116

デジタル麻雀によって、



オカルトは、完全消滅することになるがーーーーーーーーーー、




文化として、いちおう、残すというかーーーーーーー、





「当時のアホな人間たちは、こんなことしてましたよ」、



みたいな、原始人の石器物を保管するーーーーーー、という文化保護、



みたいなのは、あってよいのかもしれないーーーーーーーー(* ̄∇ ̄)ワハハ



Ddddddddgnfgnfgnrrr


こんご、麻雀業界は、


オカルト麻雀に関しては、
そのまま、歴史的文化として保護ーーーーーーー、





過去の遺物として、文化保護する以外では、




すべてをデジタル麻雀に、完全に統一するーーーーーーー、





という流れが、いちばん良いのかもしれない  ('ー'*)フフ・・




すでに、半ば、そういう流れになっているし、


仮に、連盟や雀鬼流の開祖が、オカルトで暴走したとしても、





じっしつ、なにも影響力は無いーーーーーーーー


麻雀業界が、科学で統一される、

という運命は、超自然的というか、もう誰にも、変えられないだろうーーーーーーーー(* ̄∇ ̄)ワハハ




Uuuu8888



麻雀業界は、

オカルトvsデジタルという、巨大な内乱、戦争が起きた、めずらしい業界だがーーーーーーー、





その帰結としては、


オカルトが、完全消滅する、というよりかは、



歴史的文化として、いちおう、残すーーーーーーというのが一番、社会的には良いのかもしれない





カニマジンの麻雀本からは、

社会のために、殲滅的な戦争は、避けるべきであるーーーーーみたいな、意思を感じた(* ̄∇ ̄)ワハハ
(* ̄∇ ̄)ワハハ


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2016年3月12日 (土)

【オカルトの滅亡】 連盟の最盛期と滅亡ーーーーー連盟という帝国

(* ̄∇ ̄)ワハハ



(* ̄∇ ̄)ワハハ



(* ̄∇ ̄)ワハハ




連盟が、昨日、

重大発表と称して、






天鳳位とのコラボ企画を実施するーーーーーーーと言い始めた(* ̄∇ ̄)ワハハ





デジタル軍、アマチュアとの提携企画を、
極力、断絶にしていた、連盟としては、巨大な動きなのだろう




これを機に、
麻雀業界では、散らばった勢力が、

天鳳を中心に、すべて、1つにマトマル可能性が高くなってきたーーーーー('ー'*)フフ・・







ここで、麻雀業界の歴史ーーーーーー;

主に、オカルト麻雀と連盟に着眼点をいれて、まとめていこう(* ̄∇ ̄)ワハハ







まず、麻雀業界を作ったのは、


連盟のコジマであるーーーーーーーーーーーーーー





戦後、
なにもなかった、麻雀において、


はじめて、プロとしての活動や、
麻雀業界を、組閣した人物、と言ってよいだろうーーーーーー('ー'*)フフ・・


80a28f04s


しかし、ここで作られた、麻雀業界というのは、


ひじょうにズサンであり、メチャクチャなものだった



麻雀本なども、かなりの間違いだらけーーーーーーーー






麻雀理論は、
ナガレ、ツキ、勢いなどーーーーーーー、



オカルトや精神論が中心になってしまっており、
全てにおいて、欠陥だらけだったーーーーーーーーそれが、あとあと、大規模な問題になってゆく(U`皿´U)おんどれェ


Wwwwwwwww


オカルト麻雀によって、

大ブレイクした、連盟のコジマだったがーーーーーーーーーー





そこにある真実は、

大ブレイクというより、



「大ブレイクしてもらわないと、都合が悪い」という、各種媒体;

出版業界や、メディア業界の、
強引な、持ち上げだったのだろうーーーーーーと赤犬さんは思う





Wwwwwwwwwhghkgh



ひとびとを、沸かせるには、オカルトのほうが、都合がよいのだーーーーーーー




手っ取り早いうえ、
科学的な、細かい注釈が必要ない



ウソか真実かは、どうでもいいーーーーーーーーー見た目のインパクトで勝負できる





オカルトのほうが、
自由に脚色できるーーーーーーーーー



Wwwwwwwwwhghkghgadgsdg
オカルトとは、
超能力や、幽霊、精霊、運、オーラ、自然物、などなどーーーーーーーー




ひとびとが、
興味を引きそうな、話題を、取り込んで、脚色が出来るーーーーーーーーー




論理的な説明を、あえて、省き、ダイナミックに、自由に説明してよい





つまり、
麻雀業界を作るうえで、

「オカルト麻雀のほうが、都合が良かった」




こういう各種業界の事情があって、
オカルト麻雀の暗黒の歴史が、始まったのだと、思われるーーーーーー(U`皿´U)おんどれェ




連盟のコジマは、

業界人により、「大ブレイクさせられた」というほうが、適切なのだーーーーーーーー(* ̄∇ ̄)ワハハ


Ytdydyt


オカルト麻雀が、大ブームになると、

じょじょに、誰も止められない、
大規模に宗教化してゆくようになるーーーーーーーーー(U`皿´U)おんどれェ




もともと、オカルト:
ナガレ・ツキとは、存在しないものなのだが、



人々が、ある、と思い込み、
現実に、大ブームとなり、金を落とし始めると、

あえて、存在するもの、として商売したほうが都合がよいのだーーーーーーー






霊媒師や、超能力者、
麻雀業界は、オカルトのブームとともに、

完全に暗黒化、メチャクチャになってゆくーーーーーーーーーー



オカルトにより、
メチャクチャになった、麻雀業界で、

もっとも勢力を伸ばしたのが、雀鬼流の開祖ーーーーーーーーー




運がドウタラ、だの、
運を掴むコツ、だの、テキトウな嘘八百を、ベラベラと述べ始め、


完全に、宗教としての、様相を見せ始めるようになるーーーーーーーー



そして、
周囲の出版業界やメディア業界も、

雀鬼流の開祖の、
オカルト麻雀が、本当の真実であるかのように、事実を捏造、脚色し、


ウソが、ウソで、塗り固められていくーーーーーーーーーーーーー



538db4e8



無限に続く、ウソーーーーーーーーーーーーー



真実は、まったく追究されない




オカルト麻雀の歴史とは、

ウソが、塗り固められていく歴史、と言ってもよいーーーーーーーーーー





黒が、黒で、塗り固められていきーーーーーーどんどん、奈落へ落ちていく



Hhhhhhhhhhhhhhhhhh_2




じょじょに、
真実や、事実は、ナイガシロにされーーーーーーーーーー




全部がウソになる



「麻雀プロは、
麻雀に関する全てを、自由に捏造してよい、その権利を有する」


とでも言うような、
メチャクチャで、馬鹿なコラムを出す、アホなプロが現れ始めるーーーーーーーー




権力の暴走とも、言ってよいだろう




そして、それが正しいかのごとく、

関係各社に、排他的な圧力をかけるようになっていったーーーーーーーー




完全にメチャクチャであり、
帝国による支配、とでも呼ぶべきもの(U`皿´U)おんどれェ


Thrthrthrthrthr_2



オカルトは、暴走しーーーーーーーーー




部下へのパワハラにも、使われるようになっていった




オカルトは、
もはや、権力者の「万能の武器」としての性質を持つようになっていってしまうーーーーー





非論理、非科学なので、
メチャクチャでよいのだーーーーーーーヤクザの恐喝レベル





少しでも、気に入らないことがあれば、
イチャモンをつけて、叩き散らすーーーーーーオカルトとは、パワハラの帝国になってしまっていた



Aaaaa111_2




連盟は、オカルトにより、


業界を創出しーーーーーー、

業界を支配しーーーーー、もはや、帝国のような暗黒の楽園を作ってしまったのだ





しかし、その暗黒の時代は、

ジェダイ(デジタル軍)によって、終わることになるーーーーーーー(* ̄∇ ̄)ワハハ






【オカルトの滅亡】 連盟の最盛期と滅亡ーーーーー連盟の末路



へと、続く(  ̄∇ ̄)σ=σ[]ピンポン!!ピンポン!!ピンポン!!ピンポン!!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2016年1月 9日 (土)

【デジタルvsオカルト】 オカルトの正体ーーーメディアのもつ、性質的な歪み

(* ̄∇ ̄)ワハハ




(* ̄∇ ̄)ワハハ




(* ̄∇ ̄)ワハハ


9b614703_1451575937619





赤犬さんは、


福地本の作者とかいう、
無能な馬鹿ザコに、アクキンを食らってしまったらしいーーーー(U`皿´U)おんどれェ





じっさいには、
アクキンされてないようなのだが、

赤犬さんとしては、ムカツクので、二度と、フクジブログに書き込みなんて、しないよ(* ̄∇ ̄)ワハハ




いえ~い






(* ̄∇ ̄)ワハハ


9b614703_1451575943374


もともと、赤犬さんとフクジでは、
フクジのほうが、圧倒的に「小物」だからね






格が、もともと違うのよ('ー'*)フフ・・



('ー'*)フフ・・






さて、デジタルvsオカルトを扱っていこうーーーーーーーーーー(* ̄∇ ̄)ワハハ




Aaaaa111



デジタルvsオカルトで、ゆれた、麻雀業界ーーーーーーーーーー






すでに、過去形といってよいだろう




オカルト勢力は、事実上、すでに壊滅しているからであるーーーーーーーーー





Iui



オカルトの大御所:雀鬼流の開祖なども、



すでに、業界的な発言力や、影響力はないーーーーーーーーー





正確には、
ない、というより、「失われた」といったほうが、正確だろう





かつては、
オカルトの全盛期には、神のように持てはやされていた人物も、哀れ





すでに、朽ち果てた流木でしかない





だれも、雀鬼流の開祖の話を、マトモにきかないーーーーーーもっと言えば、相手にもしない



Bf8kpebcqaihgsx




統計・確率・効率論ーーーーーーーーーーデジタル麻雀という、



絶対的な科学力を前に、


過去に栄えた、オカルト麻雀は、完全に無力であったーーーーーーーーーー




絶滅まで、そう時間は、かからなかったのだ



文化的には、
環境の変化;恐竜の全滅などに、近いだろうーーーーーーーーーーーーー



Pxgxifsx5pyvhtg



しかしーーーーーーーーー





赤犬さんが、いろいろ、調べていくうちに、



オカルトの本質に、出てきたのはーーーーーーーーーーー




メディアという、
情報媒体に潜む、構造的な欠陥だった(U`皿´U)おんどれェ




(U`皿´U)おんどれェ

Wwwwwwwwwhghkghgadgsdg




当たり前だがーーーーーーーーーそれぞれ、市場で、競争を行っている




テレビ、雑誌、ネット、新聞ーーーーーーーーあらゆる、メディアが





必然的に、
センセーショナルな話題が、大衆の注目を集めるーーーーーーーーーー



注目を集めなければ、潰れる、情報媒体として




そして、必然的に、
大事件の捏造ーーーーーーつまり、人工栽培、人為的な捏造が、行われてきた





これは、かつて、全米を震撼させた、火事現場に写りこんだ、少女の幽霊





一番大きい、新聞社が、
スピリット:精霊や幽霊として報道し、世間を賑わせた



B5ee2f2as


当時では、
警察も、少女の目撃情報などを、漁りーーーーーーーーーー



ニュースでも、話題が飛び交っていたようだ





しかしーーーーーーーーーータネは非常に簡単で、ただの合成写真(U`皿´U)おんどれェ



非常にズサンで、
今では、1発で、合成だと分かるレベルらしい




しかし、当時では、
写真を科学検証する技術が、そこまで発達しておらずーーーーーー合成写真か、簡単には判定が出来なかった背景がある




それに漬け込んだ、詐欺トリック、
話題性のために、いわば、意図的な、人為的に作られた、大ニュースだったのだ(U`皿´U)おんどれェ




Pppppp9966



情報の捏造とは、

大昔、あるいは、
今の、現在の社会にも、いたるところに、存在するーーーーーーーーー





ぶっちゃけ、
連盟のセトグマの、クマクマタイムだの、


雀鬼流の開祖の「裏ドラが分かる、ガハハ」だの、



連盟のモリヤマの、「麻雀プロは、流れやツキを読み、運を操作することが出来ますガハハ」だのーーーー、




こんなもんは、全部ウソーーーーーーーーーー(U`皿´U)おんどれェ





オカルトのアホザコどもに、そんな能力はない





存在しないものを、存在するかのように語り、
さも、超能力のようにアピール;話題性を得るための、詐欺商法に過ぎないのだ


Wwwwwwwww


ちなみに、これはアメリカの番組ーーーーーーーーーー






アメリカのほうでは、オカルト叩きが、


日本よりもだいぶ上で、まるで、公開処刑のように、


オカルト・超能力者を、
検証して、叩き潰すーーーーーーーそういうテレビ番組があるらしい(* ̄∇ ̄)ワハハ






ここにいるのは、海外で有名な、
ハンドパワーの持ち主、みたいな男




実際に、会場で、手を触れずに、ページをめくり、会場は拍手に包まれた





しかし、実際には、
強力な鼻息のようなものが、超能力パワーの正体だった(U`皿´U)おんどれェ




ハッポウスチロールの破片を、
電話帳の周囲に置くと、当然、鼻息や吐息は使えないーーーーー(U`皿´U)おんどれェ





さっきは出来たのに、
今度は何も出来ない、という、奇妙な事態にーーーーーーー


Rrrrr



ハッポウスチロールを撒いて、
ページが持ち上がらない、ということはーーーーーーー





厳密に言えば、

得意の鼻息を使うと、ハッポウスチロールが飛んでしまうので、「控えた」、ということ





超能力がないことが、バレて、食えなくなるので、「控えざるを得なかった」のだ





つまり、
詐欺行為に、もとから自覚がある、という証拠でもあるーーーーーーー超能力者は、詐欺だと自覚しているのだ





連盟や雀鬼流の開祖が、かつて、さかんに行っていた、

デジタル麻雀叩きーーーーーーーこれも、自分たちの詐欺行為;悪行が、バレルから、利権を守るため、という隠蔽工作だったのだろう


Hhhhhhhhhhhhhhhhhh


利権の確保、
メディアで、目立つためーーーーーーー




真実でなくてもよい、
捏造も辞さない、という姿勢ーーーーーーーーーー隠蔽体質、捏造体質





超能力の正体や、オカルトの正体とは、それだった


そして、
メディア側も、話題性さえあれば、それを、受け入れてしまうーーーーーーー





オカルトとは、
詐欺で儲けようとする、悪人と、



ある程度、
詐欺や捏造でも構わない、話題性のほうが重要、という、メディアのゆがんだ性質




この2つが結びついて起きる、社会悪なのだーーーーーーーーー(U`皿´U)おんどれェ


9b614703_1432365624568


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2015年12月27日 (日)

【デジタルvsオカルト】 最大の違い

(* ̄∇ ̄)ワハハ



(* ̄∇ ̄)ワハハ




(* ̄∇ ̄)ワハハ




0399dd30


デジタルvsオカルトーーーーーーーーーーー





違いが、よくわかんない、

そもそも、定義がよくわかんない、という声も、よくきかれるーーーーーーーーー






雀神である赤犬さんが、教えてあげよう(* ̄∇ ̄)ワハハ




(* ̄∇ ̄)ワハハ




Cfff7tuiaash9u


デジタルと、オカルトの、最大の違いとはーーーーーーーーー



「違法性があるかどうか?」である





もっと、厳密に言えば、


「公益性があるかどうか?」であるーーーーーーーーー




008aad83



いわずもがな、オカルトとは、

違法であるーーーーーーーーーーーーー




いわゆる、宗教商法、詐欺商法





霊媒師や、超能力者を、
積極的に肯定し、主題に考えるのが、オカルト麻雀




日本の法律では、
超能力とは、ベースとして除外されているーーーーーーーーーまあ、当然だが





たとえば、
高額なジョレイ器具を販売した、霊媒師などは、違法として、処罰されている




超能力を、
商売の根幹に据えたい、という発想自体が、もともと違法なのだ




Thrthrthrthrthr



そして、オカルトには、公益性はないーーーーーーーーーー






超能力;流れを読めるだとか、ツキを操れるだとか、
そんなもんを、ぐだぐだ語っても、


観客に利益はなくーーーーーーー、公益性なんか、存在しない







オカルトとは、
超能力者が、すべてを支配し、利益を独占してよい、



と、こういう経営になってしまうのだーーーーーーーーーーー





だから、排他的になるし、
権利を守るために、腐敗化し、非常にブラックになっていく



Hhhhhhhhhhhhhhhhhh


オカルト麻雀とは、


「自分はスゴイぞ、
自分の言動を見れるだけで、観客は、金を納めるべきである」




これを、商業の根本に据えているーーーーーーーーーーーー簡単に言えば、宗教商法





王様きどり、天皇きどり




最初から、公益性という概念がなく、
間違いだらけでもOK、メチャクチャでOK、という、給料ドロボウみたいな、発想が根底にある




だから、
馬鹿な発言をしたり、馬鹿なコラムを作っても、

馬鹿である、という罪悪の自覚が薄いのが、オカルトーーーーーー





ぶっちゃけ、かなり悪質な詐欺商法と、よんでよいだろう



プロの名を語り、
読者や観客を騙そうとしているに、すぎないーーーーーーーー





Bz240fceaatkf7


いっぽう、デジタル麻雀とは、公益性のカタマリであるーーーーーーーー




論理であり、科学であるため、万人が、共有できる('ー'*)フフ・・





オカルトが、個人利益の独占を狙うのに対しーーーーーーーーーーー




デジタルとは、大衆の利益を狙うのだ




デジタル麻雀により、
業界が、大幅に進化したのは、それが理由である(* ̄∇ ̄)ワハハ




Ytdydyt_2




オカルト麻雀とは、個人の利益独占をねらうため、


つねに、内容がない、
そして、間違いだらけなのだーーーーーーーーー



簡単に言えば、
オカルト麻雀本は、読めば読むほど、麻雀がヘタクソになる





それに比べ、
デジタル麻雀は、大衆の利益を重んじる



そのため、デジタル麻雀本は、かなり質が高いーーーーーーーーー




Yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy



麻雀業界では、


デジタル麻雀本のほうが、はるかに、質が高いため、




オカルトの市場淘汰が起きたーーーーーーーーーー





プロに頼まずに、
無名のアマチュアに出版依頼しーーーーーー、


なおかつ、
プロの麻雀本より、大幅に売り上げが大きい、という異例の事態ーーーーーーーーー(* ̄∇ ̄)ワハハ





プロの存在価値が、きえてしまった




これにより、
プロのメンツは潰れ、宗教が瓦解するようになっていった



Aaaaa111


デジタル:公益性と、



オカルト;独占性は、共存できないーーーーーーーーーーーーー





とくに、デジタル麻雀の存在は、
オカルトの詐欺商法を、遠まわしに立証してしまうため、


オカルト勢力は、デジタルの息の根を止める必要性があったーーーーーーーーー





しだいに、殺し合いのようになっていき、業界は、戦争状態となったのだ(* ̄∇ ̄)ワハハ





Ttttttttttttttt


勝利したのは、デジタルーーーーーーーーー



もともと、間違いだらけで、
違法性が高い、オカルト麻雀に、勝ち目など、なかった





オカルト麻雀の総本山:連盟は、



デジタル麻雀プロを、汚名をきせて、処罰することで、


時代の転覆を図る、という、一種のテロに及んだりしたがーーーーーーー



けっきょく、時代の流れは、微動だにしなかった(* ̄∇ ̄)ワハハ




Iui



いまでは、オカルトは、落ちに落ちぶれーーーーーーーーー



業界から、完全な廃絶の空気が漂うーーーーーーーーー




だれも、オカルト勢力に、耳を貸したりしない





引退ではなく、「追放」なのだ




業界に、もう、いられないのだ、
オカルト勢力はーーーーーーーーーー事実上の「はじき飛ばし」が、そこにある





しょせん、詐欺商法や宗教商法の末路とは、
「悲惨」でしかないーーーーーーーオカルトは、それを、体現してしまった




(* ̄∇ ̄)ワハハ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2015年8月13日 (木)

【論争完結】 「流れ」の正体の答え

(* ̄∇ ̄)ワハハ


(* ̄∇ ̄)ワハハ



(* ̄∇ ̄)ワハハ


Bzwjpoccyaes01l


オカルト麻雀とはーーーーーーーー:


太古の昔:昭和のころに、

一時的にヒットした、麻雀業界の「恥部」ーーーーーーーーーー





かつての古い時代では、
流れやツキという概念が、業界に蔓延しーーーーーー:


運要素を操るのが、上級者の証であり、
麻雀で、最も重要だ、と人々に思われていたーーーーーーー、




オカルトな迷信が非常に盛んだったのだ(U`皿´U)おんどれェ







今回のブログでは、
IQが160ある、赤犬さんが、
オカルト麻雀に関して、すべてを、証明していこうと思う('ー'*)フフ・・


Ytdydyt_2




今でこそ、
科学のチカラ:統計や確率、数学要素によって、


完全否定されているオカルト麻雀だがーーーーーーーー





じつは、全部が間違いではなく、
オカルトのいくつかの部分は、真実として、適合するのだ('ー'*)フフ・・





これが、かつて、
迷信として、盛んだった、理由の1つーーーーーーーーーー




完全に間違いではなかった、
という要素ーーーーーーーーーほんの少しは、当たっている(* ̄∇ ̄)ワハハ




Zzzzzzzzz



オカルト麻雀の時代に、

かなり、信じられていた、アホな迷信を、あげていこうーーーーーーーー





1:「ツキ・流れが、来ている者には、良い配牌が入りやすい」





これ、間違いだと、思うだろうか?




いや、これは、むしろ間違いではないのだーーーーーーーーー('ー'*)フフ・・




論理的に正しいーーーーーーーIQ160ある、赤犬さんが、証明してあげよう(* ̄∇ ̄)ワハハ


Cccccc



具体的に、例をあげていこうーーーーーーーーーーーー(  ̄∇ ̄)σ=σ[]ピンポン!!ピンポン!!ピンポン!!ピンポン!!




これは、
昨日の、鉄鳴きの麒麟児の作者との、戦いであるーーーーーーー('ー'*)フフ・・




東2-1、
供託棒が、なんと、リーチ棒4本ーーーーーー、
前の局で、4人リーチの強制流局があったのだ(* ̄∇ ̄)ワハハ




このとき、4人、全員の配牌を、見てほしい




誰が一番良い配牌だろうか?



Chosgauveaa4o6d_1


1-2-3-4位が、僅差で、
あがれば、供託で、+4300の収入、


まぎれもなく、
全員が、ぜひともアガリたい場面だがーーーーーーーーーーー、





この中で、
「だれが、良い配牌か?」、これを論じるのは、極めて難しいのだ(U`皿´U)おんどれェ





ぶっちゃけ、
全員が、似たり寄ったりの配牌であろうーーーーーーー判定不能、とでも、言うべき




誰が配牌が良いか、
答えが、出せない(U`皿´U)おんどれェ




Ccccccjpgrrr


では、同じく、同じ対戦ーーーーーーーー;


ただし、
今度は、赤犬さんが大トップになっている南1の場面(* ̄∇ ̄)ワハハ




ここで、誰が、一番、配牌がいいか?



これを、論じるのは、たやすいーーーーーーーーーーー('ー'*)フフ・・




赤犬さんの配牌が良い



1位なので、
役牌を使った、安手の早流しがしやすいーーーーーーー




脇の手牌は、かなりゴツゴツしており、
いちばん、サラリとあがれるのが、赤犬さんに見えるーーーーーーーーー(  ̄∇ ̄)σ=σ[]ピンポン!!ピンポン!!ピンポン!!ピンポン!!




Cjkk_pvveaan_pg



前者では、判断がつきにくいのに、

後者では、
比較的に、かなり簡単に、判定がつくーーーーーーーーーー





この差は、なんなのか?




Btpht6ecuae5l0


これは、「持ち点」の差であるーーーーーーーーーーー






大トップの場合、

1、安流しの配牌→最高

2、ゴミ配牌→ベタオリしやすいので、最高


3、かなり強力な配牌→脇がおりやすいので、最高




じつは、1位の奴って、
どんな配牌が来ても、「良い配牌」になるのだーーーーーーーーーー




悪い配牌が、来ようが無いーーーーーーーー



どう、料理しても、
理想的な攻防が可能になる大トップにとって、悪い配牌は、「無い」のだ




Ccccccjpgrrr_2


逆に、点数が低い者ーーーーーーーー:




3-4位などは、
配牌時点で、理想条件の束縛が、非常に増えるーーーーーーーーーーー(U`皿´U)おんどれェ




1、安流しの配牌→逆転できないので、良くない


2、ゴミ配牌→逆転出来ないので、まさに最悪



3、かなり強い配牌→嬉しい、最高





良い配牌の、範囲が、「かなり狭まる」のだーーーーーーーーーー




また、悪い配牌のとき、最悪という印象が強まるーーーーーーーー


Bamyic1cuaay74b_2




これが、大昔の、オカルト麻雀ーーーーーーーーー;




アホアホのドンジャラ、
間違いだらけ、馬鹿、と今では言われている、「迷信」の真実ーーーーーー





1:「ツキ・流れが、来ている者には、良い配牌が入りやすい」


これは、
間違いではなく、「表現の間違い」なのだーーーーーーーーー



言っている内容そのものは、あっている('ー'*)フフ・・


1101



正確には、

「ツキ・流れが来ている者」ではなくーーーーーーーーー、




「1位など、大トップの者は、
良い配牌の範囲が、増長するのでーーーーーー、

結果的に、悪い配牌が減り、良い配牌ばかりとなる」






ぎゃくに、
「3-4位など、点数の低い者は、
良い配牌の範囲が縮小するのでーーーーーー、結果的に、悪い配牌ばかりに見える」





これが、迷信の真実であり、正確な表現ーーーーーーーーー



Cccccc_2

さっきの画像に、もどろうーーーーーーーー




これも、点差が無いから、
配牌の善し悪しの答えが、かなり出しにくいのだーーーーーーーー(U`皿´U)おんどれェ






とくに、供託が4本:4000もあり、
非常に展開が、予測しにくいのも、ネックな要素ーーーーーーーーー(U`皿´U)おんどれェ





こんな点差に、
特殊なバジョウでは、
配牌の差を、かなり感知しにくいがーーーーーーーー、




仮に、例えば、
点差をかえるとすると、配牌の印象がどう変わるかーーーーーー?




ためしに、
すこし、合成していこうかーーーーーーーーーー('ー'*)フフ・・



Ccccccjpgrrrjpgbbbjpgtt



これは、さっきの東2-1の配牌に、
南1の点数画面を、切り張りした、だけの合成画像ーーーーーーーーーー('ー'*)フフ・・





配牌は、まったく変わらないがーーーーーーーーーー



印象が、だいぶ変わることが、分かるーーーーーーーーー



まず、いちばん、
配牌が悪いのが、3位の鉄鳴きの麒麟児の作者




もはや、かなりゴミ手であるーーーーーーーーー(U`皿´U)おんどれェ



いちばん、配牌が良いのは、
1位の赤犬さんか、2位の下家と、言えそうであるーーーーーーーーーまあまあな、配牌



クイタンなどで、
比較的、理想的に、場を流しやすい('ー'*)フフ・・



F7eb8b1a71ff5d4d448af04982d8a0da



4位の配牌も、そこそこだがーーーーーー、
4位が、親のクイタンに走ると、クイタンドラ1:2900になってしまい、




逆転ができない、
4位の点差に見合わないーーーーーーーー



4位の親は、出来る限り、
メンゼンで、親リーチ12000クラスを狙いに行きたいところ(U`皿´U)おんどれェ




束縛と、有効な方向性ーーーーーーーーーーー



これらの要素を加味すると、
配牌の差が、ハッキリしてくるーーーーーーーーー



A2


これが、「流れ」の正体ーーーーーーーーーーーー



「配牌」の差ではないのだーーーーーーーーー(* ̄∇ ̄)ワハハ




印象の差でしかなく、
また、その印象の差とは、論理的な事実でもあるーーーーーーーー




配牌とは、多くの場合、
ぶっちゃけ、配牌だけでは、善し悪しを、論じようがないのだ(U`皿´U)おんどれェ





点差と、バジョウによって、
いくらでも、姿や価値を変容させるーーーーーーーー





「ツイている者・大トップに、
良い配牌が入りやすいーーーーー」、

とは、真実でもありーーーーーーー同時に、真実ではないのだ




正解でもあり、同時に、不正解でもあるーーーーーーーーーー('ー'*)フフ・・



Hhhhhhhhhhhhhhhhhh



さらに言えば、

「印象の差」、そういうレベルでしかないので、



「スゴイ奇跡が可能になるーーーーーーーー」、みたいな、


万能で、神が味方につくようになる、
みたいな、大げさな主張は、明確な間違いであるーーーーーー(U`皿´U)おんどれェ




これは、モリヤマの雑誌コラムだが、


こういう、
「キセキが十分に可能になります」、
「確率論を超越することが、可能です」みたいな、主張は、完全に間違い





これは、モリヤマとかいうアホが、
目立つために、アホなコラムを書きーーーーーーーー、


大衆を、不当に混乱させようとした、
あるいは、他のプロを、情報操作の圧力で攻撃しようとしている、みたいな感じである(U`皿´U)おんどれェ




明らかに、内容が間違いなのだから、
このコラム内容に関し、モリヤマは、雑誌を買った客への、正式な謝罪と、反省が必要であるーーーーーー(U`皿´U)おんどれェ



Bcsbykscaaay2xp



流れーーーーーーーーー



それは、キセキを可能にするとか、そういう、「大それたモノ」ではない



神とか、そういう万能なものでもない




あくまで、
多少の差に過ぎないーーーーーーーーーー




しかし、
事実として、「多少の差」は、生じるーーーーーーーーー


これが、流れの正体(* ̄∇ ̄)ワハハ


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2015年7月18日 (土)

【新しい世界へ】 否定される間違いと、肯定される正しさ

(* ̄∇ ̄)ワハハ


(* ̄∇ ̄)ワハハ


(* ̄∇ ̄)ワハハ


Hhhhhhhhhhhhhhhhhh

麻雀業界では、かつて、

アホの祭り、とも言える、オカルトの時代が存在したーーーーーーーーらしい(U`皿´U)おんどれェ




まあ、赤犬さんは、しょうじき、
当時を見てないので、

存在した理由が、よくわかんない、意味不明でキモイ、くらいにしか感想がないんだけど



とにかく、オカルトが存在していたらしいーーーーーー(* ̄∇ ̄)ワハハ



非常に馬鹿で、まるで幼稚園児を見ているようなのだがーーーーー、
なぜか、これが流行しちゃっていた、という暗黒時代が、麻雀業界にはあるのだ(U`皿´U)おんどれェ

33e701bd

89277109

まあ、当然というか、
あたりまえ:オカルト麻雀は、後世の人間たちによって、完全否定されーーーーーー



いまでは、嘲笑、侮蔑、廃絶されているーーーーーーーーー(* ̄∇ ̄)ワハハ




オカルト麻雀って、
統計もなにもない、客観性がない、全て個人の好き嫌い:主観がメイン要素で、メチャクチャ過ぎたのだーーーーー



しかも、「弱い」ーーーーーーーーーー(U`皿´U)おんどれェ



Thrthrthrthrthr_2

オカルト麻雀は、
パワハラの温床と言ってもよく、ひじょうに、ブラックである(U`皿´U)おんどれェ




画像は、「鳴いてツモられたらどうすんだ!!」など、
何の科学性もないのに、とにかく、若手の麻雀を叩き散らしているという、オカルトプロの解説ーーーーーーーわけわかんない



ほかにも、若手に対し、
「シロウト」などの罵詈雑言も飛び交う、とてもプロの解説と思えない次元である(U`皿´U)おんどれェ



科学性もなく、主観的に物事を否定する、
というのが、いかにパワハラに繋がるか、というのを、よく示しているーーーーーーーーーー


Images_18

そんな、アホでどうしようもない、オカルト勢力を滅亡させたのはーーーーーーー、



救世主ーーーーーー、
現れたのは、デジタル、という、新勢力ーーーーーーーー('ー'*)フフ・・



オカルトと違い、こちらは、

フンダンに科学要素を準拠するーーーーーーーーー(  ̄∇ ̄)σ=σ[]ピンポン!!ピンポン!!ピンポン!!ピンポン!!




論理、統計、確率、数学、心理、

あらゆる科学:学問的な美しさがあるのが、デジタル麻雀なのだーーーーーーーーーー


Zzzzzzzzz



麻雀業界において、
オカルトとは、廃絶されたーーーーーーーーー



事実上の絶滅である(  ̄∇ ̄)σ=σ[]ピンポン!!ピンポン!!ピンポン!!ピンポン!!



「間違い」は、否定され、


正しいことだけが、生き残っていくーーーーーーーーーーーー(  ̄∇ ̄)σ=σ[]ピンポン!!ピンポン!!ピンポン!!ピンポン!!



Ytdydyt



弱肉、強食ーーーーーーーーーーー


よわいものが、食われることによって、絶滅が起きーーーーーー




時代は進化してゆく




Yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy



アマチュアが麻雀本を描きーーーーーーーーーーーー軒並み大ヒット(* ̄∇ ̄)ワハハ





オカルトの絶滅に伴い、
かつてのプロの流行スタイルは、完全に商業的効果を失ったのだーーーーーー(  ̄∇ ̄)σ=σ[]ピンポン!!ピンポン!!ピンポン!!ピンポン!!




麻雀プロという存在も、


激動のなかで、
旧来の時代とは、大きく変わらなければならない、という、業界の事情が生まれているーーーーー




Ci7f49ruwaazbxg



業界の激動、いっしゅの革命ーーーーーーーーーー:
しかし、かつての時代より、
麻雀業界は、飛躍的に巨大化を見せている(  ̄∇ ̄)σ=σ[]ピンポン!!ピンポン!!ピンポン!!ピンポン!!


【麻雀本】まさにホットなジャンル



4月 石橋本 2刷
4月 牌効率ドリル
5月 西園寺本 2刷
6月 みーにん本
6月 雀ゴロK本 2刷
6月 比嘉本 2刷
7月 天鳳本 2刷

そのうち、西園寺本、雀ゴロK本、天鳳本は、ほんの数日で増刷が決まった。
これは初動がすごかったことを意味してる。

麻雀の戦術書は、まさにホットなジャンルになってるわ。



すでに、かつてのオカルトの時代よりも、
商業的な地位が、上昇していることが分かるーーーーーーー('ー'*)フフ・・
44443



麻雀業界は、激変しているのだよ('ー'*)フフ・・


連盟だの雀鬼流だの、ザコザコで、
話にならない、低品格・論外レベルの、かつてのアホアホ業界勢力が、完全崩壊を喫しーーーーー、


新たな、強い勢力を備え、
高い次元へ、生まれ変わろうとしているーーーー(  ̄∇ ̄)σ=σ[]ピンポン!!ピンポン!!ピンポン!!ピンポン!!



おそらく、この激動の果てに、

麻雀は、囲碁や将棋と、同格に並べるゲームになる、と赤犬さんは思ってるよ(* ̄∇ ̄)ワハハ





激動の果てにあるのは、
生命の進化でありーーーーーーー「格」の上昇を産むーーーーーー




無駄な絶滅など、たぶん、存在しないのだ('ー'*)フフ・・




138045116192311621228_1252_20130929


かつて、デジタルvsオカルト、
業界の派閥戦争、なんて、言われていた戦争だがーーーーーー


決して、
不毛な闘争には、ならないようだ(* ̄∇ ̄)ワハハ





激動の果てにあるのは、
おそらく、麻雀という「格」の上昇、新しい世界であるーーーーーーーーー('ー'*)フフ・・


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2015年7月 6日 (月)

【論争終結】 ギャンブルの学問的価値

('ー'*)フフ・・


('ー'*)フフ・・




('ー'*)フフ・・
20100225172600e76
赤犬さんは、さいきん、

考え方が、けっこう変わってきたーーーーーーーーー('ー'*)フフ・・


ジャンゴロケイ、という人物を知り、

また、社会というモノに対して、大人な見方が、できるようになってきた(* ̄∇ ̄)ワハハ

Kugiugiuiug




歌舞伎町の高レート麻雀ーーーーーーーー:





リアル麻雀で、強い者は、

歌舞伎町に集まるらしい(* ̄∇ ̄)ワハハ




カネの奪い合いが、そこにはあるーーーーーーーーーーー



純粋な、弱肉強食ーーーーーーーー(  ̄∇ ̄)σ=σ[]ピンポン!!ピンポン!!ピンポン!!ピンポン!!




691eae1f




数学、あるいは、確率、という概念は、

古代に生きていた、ガリレオ、という人物が創出した、と言われているーーーーーー


当時、ガリレオが生きていた、大昔の時代ーーーーーー

「間違った」数学者:

肩書だけは、学者だけど、じっさいには、
数学者として完全に無能、という人間が、ワンサカいたらしいーーーーーーー(U`皿´U)おんどれェ
今で言うと、オカルトの数学者、まあ連盟プロの類、とでも言っていいようなもの

ガリレオは、とうしょ、
そういう、アホな数学者たちに、ちまちま接触していたがーーーーーー




あまりにアホで馬鹿なので、
途中から、いっさい、交流をやめてしまったそうだ(* ̄∇ ̄)ワハハ


O0236021313342218239


かわりに、
ガリレオが、向かった先は、賭博場だった(  ̄∇ ̄)σ=σ[]ピンポン!!ピンポン!!ピンポン!!ピンポン!!




ガリレオは、当時の数学者たちに、目もくれず、


ギャンブラーたちに接触し、
数学・確率という概念を、学問として、まとめていったのだーーーーーー





ギャンブラーというと、
「運」、そういうモノを主流にしているイメージがあるがーーーーーそれは偏見にすぎない





ギャンブラーとは、
運で勝利するのではなく、


確率・効率論によって勝利する、と、ガリレオは知っていたのだ



Ytdydyt


これは、ごく当たり前で、


カネの奪い合い:
弱肉強食の生存戦争が起きている以上、
効率的にカネを集める手法を持つ者だけが、
賭博場で勝利し続け、ギャンブラーとして、いきていけるのだーーーーーーーー(* ̄∇ ̄)ワハハ




つまり、カネという生存戦争、を基準にしーーーーーー、
確率という概念を、まとめることが出来る、とガリレオは考えた



Cjb8e8iukaaaacp



勝っているギャンブラーたちに、ガリレオは、

A:サイコロを10回振り、1が3回出たら勝利:勝つと500円

B:サイコロを5個振る、1が1回出たら勝利:勝つと100円




この条件で、
どっちが有利なギャンブルだと思うか?など、複雑な確率的な質問をしーーーーーー


ギャンブラーたちは、みな、5~10分ほど少考し、
その答えは、すべて、期待値計算などで、ほぼ全問正解の正答率だったという




1a86b10djpgddjpgkjbkkhv



そう、ギャンブラーたちは、知っていたのだ('ー'*)フフ・・


数学や確率、という、言葉は持たずともーーーーーーーーー計算方式を知っていた





彼らの思考回路は、
まさに、数学者の思考回路だったのだ





生存競争、という概念そのものが、
いわば、そのまま、期待値の計算スキルを要するものーーーーーー



Zzzzzzzzz
デジタルvsオカルトーーーーーーーーーー:

これは、ネット麻雀において、
膨大な統計処理:デジタルの概念が始まった、と世間では言われているがーーーーーー


じっさいには、歌舞伎町では、
大昔から、デジタルという概念が、発達していた、と推定されるーーーーーー('ー'*)フフ・・


苛烈な生存競争、というだけで、

真実に向かって、確実に進化が起きるのだーーーーーーー




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2015年6月29日 (月)

【論争終結】 新たな世界へーーーーー法律的地位の向上

(* ̄∇ ̄)ワハハ




(* ̄∇ ̄)ワハハ

(* ̄∇ ̄)ワハハ




(  ̄∇ ̄)σ=σ[]ピンポン!!ピンポン!!ピンポン!!ピンポン!!





Zzzzzzzzz




いまでは、
完全否定されている、いわゆる、オカルト麻雀ーーーーーーーーー




すでに、大衆に、
オカルト麻雀は、かなり馬鹿にされており、

文化的な荒廃、消滅、完全的なる淘汰は、目に見えて明らかであるーーーーーー('ー'*)フフ・・





しかし、ここにきて、
まったく新しい世界のトビラが、開こうとしているようだ




(  ̄∇ ̄)σ=σ[]ピンポン!!ピンポン!!ピンポン!!ピンポン!!



Ytdydyt


これは、ツダ弁護士、という弁護士のブログからの、抜粋ーーーーーーー:



http://tsuda-moni.cocolog-nifty.com/blog/2015/06/post-3df5.html



よくいわれる「麻雀は運ゲー」という主張には、徹底的に反論する。

「偶然に左右されやすい」、
というイメージになると、それだけで法律上の扱いは悪くなる。



偶然の要素が多くて面白い=賭博の道具になりやすい=取締の必要性が高い、法律はこう考える。



「偶然性」は賭博罪の成立要件でもあり、
賭博罪の成否が問題になる判例では、当該競技の偶然性について必ず言及される。





ほうほう


Chosgauveaa4o6d_1


僕の最終的な目標は、麻雀の法律的地位の向上である。



偶然性が主要ではない競技である、というアピールが必要不可欠なのである。


ビリヤードも、風営法から外されたときには、
「ビリヤードは物理法則に基づいて結果が決まるきわめて科学的な競技である」というアピールを、業界が一致団結しておこなった。



麻雀業界も、この点は見習う必要がある。





ほうほう

Images_18




赤犬さんは、すこし、驚いたーーーーーーーーー(* ̄∇ ̄)ワハハ





というのも、
オカルト麻雀を廃絶する、というのは、

馬鹿な連中を「ぶち殺す」、という、ある種の戦争、殺戮戦争だと思っていた




デジタルvsオカルトは、
ただの派閥戦争で、利権争いに近い、とーーーーーーーーー



それ以上の意味はない、
どちらが勝とうと、戦争そのものに、意義は無い、と赤犬さんは思っていた





しかし、実際には、
おそろしいほどの、社会的存在意義が、生じるのだーーーーー('ー'*)フフ・・





つまり、オカルト派を完全に「根絶やし」にすることで、

法的な麻雀の「格」が、上がるーーーーーーーー(●∀|||||)見えたぁ~フフフ





オカルトとは、「絶滅必須」なのだ、
ーーーーーーーただの戦争ではない、もっと大きい、別の側面があった('ー'*)フフ・・



F245706143398a95b548e0493a474852
最近のデジタル麻雀の進化は、目を見張るものがあるーーーーーーーー





かつて、
「デジタル麻雀は、簡単だガハハ」など、

酷評していた、オカルトの、お馬鹿たちは、最近の数年では、完全に黙りこくっている(* ̄∇ ̄)ワハハ





デジタルとは、「明らかな競技性の進化」なのだーーーーー




価値観の問題などではない、明らかな優劣さーーーーーー




オカルトは、「劣る」、

デジタルは「優秀」ーーーーーーーーーーー



Hhhhhhhhhhhhhhhhhh




オカルト麻雀とは、

「馬鹿どころではなかった」のだーーーーーーーーー




明らかに、業界のアシを引っ張っている(U`皿´U)おんどれェ

つまり、麻雀業界にとって、「足手まとい」なのだーーーーーーそれ以外の、ナニモノでもない(U`皿´U)おんどれェ




「絶滅が必須」--------オカルトとは、完全に絶滅させなければならない






偶然に左右されやすい、
というイメージになると、それだけで法律上の扱いは悪くなる。




偶然の要素が多くて面白い=賭博の道具になりやすい=取締の必要性が高い、法律はこう考える。




「偶然性」は賭博罪の成立要件でもあり、
賭博罪の成否が問題になる判例では、当該競技の偶然性について必ず言及される。





ツダ弁護士いわく、
法的な格が上がるためには、偶発性の根絶は必須であり、

運やツキの要素をメインに主張しているプロ団体などは、完全完璧に駆逐せねばならない




44443




デジタル麻雀の市場の独占ーーーーーーーーーー



デジタルvsオカルトで、
デジタル側が、完全勝利した、ということ




オカルト麻雀が、完全滅亡した、ということーーーーーーーーーー




それは、ただの戦争終結ではないーーーーーーーーー('ー'*)フフ・・





麻雀にとって、

法的な地位が向上するーーーーーーー、という、まったく別の、次元上昇の側面:




麻雀業界の進化において、
きわめて、重要なプロセスだったのだ(* ̄∇ ̄)ワハハ





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2015年5月23日 (土)

【論争終結】 なぜ、オカルト麻雀は崩壊したのか

(* ̄∇ ̄)ワハハ


(* ̄∇ ̄)ワハハ


44443



今では、
あまりに馬鹿すぎて、
誰からも相手にされてない、オカルト麻雀ーーーーーーー(* ̄∇ ̄)ワハハ



しかし、いまから、20年前くらいは、全盛期だったようす



なぜ、オカルト麻雀は、崩壊したのだろうかーーーーーーー?


Jpgttttjpgtttjpgojpojpoj


オカルト麻雀が崩壊した理由ーーーーーー:


それは、真なる強者:天鳳位が、現れたことが大きいーーーーーーーーー('ー'*)フフ・・





おおむかし、
ネット麻雀が存在しなかったころは、


かなりの粗暴な野生社会、村社会が、麻雀業界であったーーーーーーーー



強さの基準が、かなり不明瞭で、

「フリージャンソウでいつも勝っているから、自分は強い」だの、




「雀鬼流の開祖などの大御所が、
自分を褒めたから、自分は強い」だの、基準がメチャクチャだったようだ




当時は、
全ての基準が、自己申告、自己陶酔、みたいなレベルであり、



現代から見ると、
数字的事実や、客観性が、
完全に存在しない、という暗黒時代だったのだーーーーーーー



Thrthrthrthrthr



そして、暗黒時代と、結びついてしまったのが、


いまでは、
数々の大問題を指摘されている、オカルト麻雀の総本山:連盟ーーーーーーーー





いわゆる、
人権侵害、精神への暴力:パワハラの蔓延ーーーーーーーーーーーー





これも、さっきの、
「大御所が、自分を褒めたから、自分は強い」に当たる部分であるーーーーー





大御所が褒める=強い、正しい、という概念を前提にすると、
大御所が褒めない=ダメ、弱い、悪い、
という、わけわからない概念が、同時に生まれてしまうのだ(U`皿´U)おんどれェ




つまり、
「大御所が否定している=アイツの麻雀はダメだ」、

という、
意味不明、非論理的なコジツケ、排他的なパワハラへと、発展してしまうのだーーーーーーーー



Rrrrr



オカルト麻雀は、
しだいに、


大御所が褒める=正しい、

大御所が褒めない=間違い、という、歪んだ方向性になってしまったーーーーーー




もはや、
麻雀の能力は、まったく関係ない




「大御所に、気に入られるかどうか?」、
という、水商売のレベル、スキルがなにも必要ない、という次元まで劣化ーーーーー





つまり、「媚び」、

上司へのオベッカで、能力が評価される、
という、非常に下らない、馬鹿みたいな世界観へと、落ちていったのだ





上位者へのオベッカ=無条件で正しい、


上位者への否定、反発=無条件で悪、



という、宗教性を、帯び始めるーーーーーーーーーー




大御所とは、神、
反発した者=無条件で間違い、処刑すべき、



という、極端なシステムが生まれ、
排他的で、非論理的なヤリトリが、日常化するようになっていったーーーーーー



Ttttttttttttttt


そして、起きた事件が、
ホリウチ失格ーーーーーーーーー




オカルト麻雀の否定をしていたホリウチが、
連盟上層部に、不当に干される、処刑される、という圧力事件



あたかも、
「大御所に逆らえば、
こうなるんだ!、思い知ったか!!」、とでも言わんばかりーーーーーーー



あるいは、

「大御所は、ベテランで、あらゆる意味で神だ!!、

大御所に否定されている時点で、お前(ホリウチ)は、話にならない、ゴミだ!!」、とでも、言いたかったのかーーーーーーーー、



意味不明で、高圧的な強制失格措置であった



E98a80e381aee382a2e383b3e382abe383b



通常、現代社会の法律で言えば、
罰則には、なにごとも、証拠を必要とし、慎重な裁判を必要とするが、



ホリウチ失格事件では、
証拠は何1つなく、審判(上層部のイヌ)の曖昧な証言だけで強制失格ーーーーー、




しかも、当事者のホリウチには、
弁護のキカイすら与えられてない、裁判の類は何もない、
上層部の意見だけで即決定、という、非常にズサンな内容であった





さらに、これだけ問題がある失格措置にも関わらず、



およそ600名いる、連盟プロたちは、
誰も、内部から不服を訴えていないーーーーーという、狂気の沙汰、モラルや規範意識の消失、組織ごと狂っているのは、言うまでもないーーーーーーー






まあ、もし、不服を発言すれば、
今度は自分が干される、と、ビビっているのだろうーーーーーー恐怖による束縛、事実上の言論統制である





観客から、観戦料として、カネを取っている、
正式なタイトル公式戦なのに、このズサンさであるーーーーーーーー(U`皿´U)おんどれェ




日ごろから、連盟で、
こういう、高圧的で、ズサンなヤリトリが、
かなり日常化していることを、物語っているとも言えるだろうーーーーー



Pppppp9966


ホリウチ失格事件は、

当然、マトモな人間、善良の念のある人間が、許容できるものではないーーーーーーーー




福地本の作者が、書籍で、
連盟のズサンさを、ジャーナリズムで訴えーーーーーー



大衆は、
ホリウチ失格事件に激怒し、
連盟への、強烈なバッシング、批判の津波が生まれたーーーーーーー('ー'*)フフ・・





連盟は、
あっという間に、炎上、燃えさかる城になったのだ(* ̄∇ ̄)ワハハ




連盟は、ホリウチ失格事件で、

いかに、オカルト麻雀が、
排他的で、メチャクチャ、宗教的で、危険なものか、


大衆に、逆に、大々的にアピールしてしまったのだーーーーーーーーー(* ̄∇ ̄)ワハハ



34180116



オカルト麻雀が、絶滅してしまった理由ーーーーーーーーー




天鳳位の存在、
統計ー確率ー論理の技術進化ーーーーーー



いろいろと、背景にはあるだろう




しかし、一番おおきいのは、

「オカルト麻雀の総本山:連盟が、ひじょうに危険なブラック組織だから」という、理由であろうーーーーーーーーー(* ̄∇ ̄)ワハハ



連盟が自ら証明してしまった、

「オカルト麻雀=非論理的で、
上位者のパワハラが当たり前である」、という、墓穴を掘ったことが大きいーーーーーー






オカルト麻雀の総本山が、
オカルト麻雀の文化に、心臓に剣を突き刺すかのごとく、トドメの一撃を与えた、とは、なんとも、皮肉であるーーーーーーーー(* ̄∇ ̄)ワハハ



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2015年5月 8日 (金)

【論争終結】 オカルト麻雀の違法性ーホリウチ失格

(* ̄∇ ̄)ワハハ

Ttttttttttttttt


きょうは、オカルト麻雀の違法性・社会犯罪性に、関して、論じていこう~(* ̄∇ ̄)ワハハ
知っての通り、

麻雀界最悪の圧力事件:連盟による、ホリウチ失格は、


明確なパワーハラスメント:人権侵害に抵触する、大事件であるーーーーーーー





パワーハラスメントとは、
職権などのパワーを背景にして、本来業務の適正な範囲を超えて、継続的に人格や尊厳を侵害する言動を行い、就労者の働く環境を悪化させる、あるいは雇用不安を与える





法律定義で言っても、やはり、犯罪行為であるーーーーー('ー'*)フフ・・





実際に、ホリウチは、

「諭旨退職」あるいは「懲戒免職」とも呼べる、
苛烈な失格処分になっているし、けっきょく、辞めている




不当なパワハラで、
「辞め」に追い込まれた、と、言った方が正確であろうーーーーーー


Thrthrthrthrthr



失格事件の以前からも、数年にわたり、
連盟上層部が、ホリウチにたいして、
かなりのパワハラ言動を繰り返していたのは、数々の証拠・証言が残っているーーーーーー







これらは、言い逃れの出来ない、パワハラの証拠である





職場において、「地位や人間関係で弱い立場の相手に対して、
繰り返し精神的又は身体的苦痛を与えることにより、結果として働く人たちの権利を侵害し、職場環境を悪化させる行為」で、

ハラスメントであるか否かの判断基準は、
「執拗に繰り返されることが基本」であり、しかし「一回限りでも、相手に与える衝撃の大きさによって」ハラスメントとみなされる





と、法的解釈があるので、
やはり、ホリウチ失格事件は、明確な違法行為ーーーーーーー




しょうじき、
ホリウチが、警察に相談に行けば、



被害届は、正式に受理され、
連盟上層部は、人権侵害の容疑で、警察の監査、刑事告訴まであっただろうーーーーーーー





ちなみに、
上記の文章の出典は、ウィキペディアね(* ̄∇ ̄)ワハハ


Rrrrr



どうして、ホリウチが、パワハラを浴びることになったのか?



それは、
デジタルvsオカルト、という、業界の利権背景があるーーーーーーー





かつて、昭和の時代、
麻雀には、「流れ・ツキ」:オカルト要素が重要である、と信じられていた




それに関する書籍:オカルト麻雀本も、
大昔には、大量に作られ、ある種の「宗教の経典」のようになっていたのだ
しかし、近年、
統計ー確率ー論理の処理が発達しーーーーーーー、
「確率と統計」:デジタル要素が重要である、という転換がおきたーーーーーーー





これにより、
旧来の大御所:オカルトの老人たちは、

自分たちの教えが完全否定され、
築いた業界的地位が、吹き飛びそうになっていたのだーーーーーーー





ホリウチは、デジタル派のプロであり、
オカルト派の老人たちは、こぞって、ホリウチの麻雀スタイルを、排他的に批判、受け入れようとしなかった





それが、パワハラの原因であるーーーーーー老人たちの、保身・地位の保守
Jpguyuyuy



オカルト麻雀というのは、もともと、「詐欺」が基本の商売であったーーーーーー
論理・確率・統計など、

現実的要素が何も存在しない中で、主張だけが存在しているので、


ほとんどが、
「精神論」、あるいは「体感からの感想」なのだーーーーーーーーー
オカルト麻雀本のタイトルに、
やたらに、「最強」だの「無敵」だの、「絶対負けない」だの、



誇張表現、詐欺のような、
過大なタイトル名が付いているのは、それが理由であるーーーーー




まさに、精神論
あるいは、
騙そう、という意図を伴った、「詐欺」ーーーーーーーー
Efebfa5c
その精神論・詐欺を、押し通すために、
邪魔となるモノを、すべて、除外・排除するーーーーーーーーーーこれがオカルト麻雀





オカルト麻雀の組織では、
デジタル要素:確率や統計事実などは、
一切述べてはいけない、述べるべきではない、という暗黙のルールになっている




まるで、宗教ーーーーーーーーー(* ̄∇ ̄)ワハハ




そして、
まさに、デジタル要素を中心にプロ活動をしていた、ホリウチを、
圧力で凶行に抹殺する、というホリウチ失格事件に繋がっていくのだーーーーーー
Charon_anshumanart




オウム真理教では、
教えに反抗する者を、数日間、コシツに閉じ込め、


オウムの経典を大音量で放送し続ける、という、一種の拷問・監禁・洗脳を、行っていた
言わば、反乱因子がいたら、
肉体的・精神的苦痛を伴う、懲罰の対象にする、という、




「拷問措置」が、
宗教では、併用的に、存在しているーーーーーーー

宗教とは、そういうもの、
拷問を伴うのだーーーーーーーーー





拷問によって、
反乱因子を、「改心させるか」、あるいは、「そのまま処刑する」


Charon_the_ferryman_by_simongangl_2



こうすれば、
たしかに、カルトな宗教組織は、安定するーーーーーーーーー




ホリウチ失格も、
いわば、ホリウチをパワハラにかけ、
処刑・拷問することで、宗教を安定化しようとしていたのだろう





「改心か、処刑か」ーーーーーーー







相手側が折れるか、相手を抹殺するか、
自分たちが間違っている、自分たちを直そう、というふうには、絶対に思考しない





これが、
オウム真理教、
あるいは、連盟上層部の方針ーーーーーーー




非常に危険で、
脅迫的、独善的、排他的ーーーーー、客観性も、論理性も、何もない





これが、宗教なのだ
B46dd0dd
最近では、
霊能力者などの存在を、「社会犯罪」と呼ぶこえも、増えているーーーーーー




ありもしない、
オカルトの偶像によって、
弱者・悩める存在から、騙し行為によって、カネを巻き上げているーーーーーーーー





霊能力者とかは、
高額なジョレイ用具を買わせた、とかで、

裁判沙汰となり、
実際に、詐欺として、賠償命令が下った例もある

だれでも、
イヤなことがあれば、不安に思うこともあるだろうし、
絶対に自分が正しいとは、言いきれないなかで、生きているーーーーー


オカルトの人間たちとは、
そういう、弱い心に漬け込んで、カネを巻きあげる

Images_3



そして、オカルトは、じょじょに、
宗教化し、凶悪事件を起こすようになってゆく


オカルト麻雀とは、
じっしつ、ただの詐欺、社会犯罪なのであろうーーーーーー




ホリウチ失格事件で、
連盟は、大規模な不祥事:

壊滅的な信用危機に陥り、
ほとんどの大衆は離れ、人気は、ほぼゼロ、すでにムシの息だがーーーーー、



のちのち、凶悪事件を連発しかねない、
という、カルトな宗教団体になってしまった、という現状を考えれば、
「ここで終わる」、
というのは、暴走の終わりであり、

連盟にとって、一種の救いなのだろうーーーーーーー


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

より以前の記事一覧